メディカルライターとして復職しようと決心しました

子どもが2才の頃、風邪から中耳炎になってしまった事がありました。
近所の小児科では、いつも先生が風邪の時には耳も一緒に中耳炎になって腫れていないか診てくれていました。
その時は耳はまだ大丈夫で、薬を処方してもらって自宅で様子を見ていました。
でも鼻水が多く出ていて鼻風邪がそれから2.3日長引いて熱も出て来て、とても機嫌が悪くなりました。

もう一度小児科に行くと、「これはダメだ、鼓膜がパンパン、すぐ耳鼻科に連絡するからこのまま耳鼻科に行って。」と言われました。
小児科と耳鼻科は車で3分ほどの距離でした。
耳鼻科へは小児科の先生が電話してくれていたので、裏口から(熱が高くなっていた為インフルエンザの疑いもありの為)入り、割り込みで診察をしてもらいました。

耳鼻科も女の先生で優しげな先生でしたが、とてもテキパキとしていて泣き叫ぶ子どもにも動じず素早く、半ば強引に処置をしてくれました。
私も物心着いてから中耳炎になった事があり、その処置のピストルで撃ち抜かれた様な痛さは知っていたので、正直見るに耐えぬ程辛かったです。

麻酔などもある様ですが、緊急の為そのまま処置しました。

次の日まで膿がダラダラと出ていましたが、痛みは直ぐに引いた様で機嫌も良くなっていました。

しかし、次の日再診に行くとあまり病院等嫌がらない子どもでしたが、「じびかはこわい。」と嫌がっていたのを覚えています。
中耳炎になる前の段階で早めに受診していればととても後悔しました。
一度中耳炎になるとまた再発し易いと聞いていたのでビクビクしていましたが、結局、小学生になるまで中耳炎はならずにすみました。

小児科の先生と耳鼻科の先生の連携と素早い対応にとても感謝しました。
また、どちらの病院も家から歩いても行ける距離にあったこと、且つとても信頼の出来る子どもも懐いて大好きな先生に巡り会えた事もとても幸運でした。

そろそろ子育ても落ち着いてきたので、こちらのサイトを参考にしてメディカルライターとして復職しようと考えています。
⇒⇒⇒http://xn--dckcu5fqb9k8bp0nm682a1oizs9a0j2blm0e.com/
中耳炎で悩んでおられるお母さんもたくさんいると思うので、こんな話も上手に記事に出来たらなぁと思います。
子どもにとってはただ痛かっただけの話ですが・・・(笑)

それから、半年近く耳鼻科に通いましたが無事に完治して本当に良かったです。